cover.1

当社の業務に不可欠な大容量の冷蔵保管庫。宮古にある大判川冷蔵庫は
大判川第一冷蔵庫、大判川第二冷蔵庫、
そして津軽石冷蔵庫という3施設をまとめた総称。
原料や商品の冷蔵保管業務を行っています。
冷蔵保管しているのは
弊社の岩手、北海道エリアの生産工場で吟味し
真心こめて生産した冷凍商材や鮮度抜群の冷凍原料等。
とくに第一、第二冷蔵庫は
保税蔵置場許可を得ていることを特徴とする
3000トンの規模を誇る冷蔵庫です。
生産工場としての役割はありませんが
大事な食材を良い状態でお客様にお届けするために
なくてはならない施設だと自負しています。

第二冷蔵庫の登場で温度別の管理が容易に。当冷蔵庫は、高価な原料や高単価の製品等の
酸化、劣化といった弊害を防ぐ意味で
マイナス40℃での超低温保管を心がけています。
そのため、天井一面に張り巡らされた
ヘアピンコイルからの自然対流により冷却する
「ヘアピンコイル冷却器」という工法で施工されています。
この冷却方法は、庫内の温度変化が少なく、
一定に保たれるので、
長期間保管した後に解凍した際にも
食感や風味が損なわれないのが特徴です。
原料や商品によって必要となる個別の温度管理も
2012年に第二冷凍庫ができたことで、
よりきめ細かに行うことが可能になりました。

信用を大切に守り良い関係を築きたい。岩手三陸沖(宮古)の漁場は、
世界に誇れる素晴らしい海の幸の宝庫。
そこに隣接するこの恵まれた設備を
ぜひ多くお客様のお役に立てたいと考えており
いま現在の顧客を大事にするとともに
新規のお客様をどんどん増やしていきたいですね。
そして、品質を保持して保管するという
大きな役割をしっかりと果たしながら
お客様と心からの信頼関係を
築いていけたら思っております。
ぜひ何なりとお気軽にお問い合わせください。

「多くのお客様にこの冷蔵庫をご利用いただき
お互いに発展していくことができるよう
今後も尽力してまいりたいと思います」

◆大判川冷蔵庫の取扱い製品

大判川冷蔵庫 >

  • 冷凍魚保管