cover.1

確かな目で選んだ前浜の恵みを多彩に加工。北からの親潮、南からの黒潮、
そして津軽海峡からの対馬海流が交錯する八戸港は
サバ、イカ、イワシ、マグロ、サケ、サンマ、タラなど
多種、多量の魚が水揚げされる好漁場です。
その港近くに建つ八戸工場では、
その日の朝に水揚げされた魚を私の目利きで仕入れ、
特色ある製品づくりを行っています。
設備は、素材を急速凍結できるベルトフリーザーが1基、
凍結庫が2基、レトルト釜が1基など。
こうした自慢の機器を活用し
素材をそのまま味わえる生食の製品はもちろんのこと、
さまざまな形の加工で
八戸の新鮮な魚介をお客様の元にお届けしています。

スタッフ一丸の団結力でおいしく質の高い商品を。加工品は、新鮮というイメージがないかもしれませんが、
脂がのった旬の時期の素材でつくれば
それだけおいしくて質の高い商品になります。
私自身、そこへのこだわりは人一倍強いと思います。
スタッフとのコミュニケーションを大切にする中で
全員で製品づくりの意識を共有していますし、
スタッフ一人ひとりに細やかな注意力や
成し遂げようという気持ち、強い団結力がありますから
安心して任せることができます。
こうした心強い仲間たちと力を合わせ
浜の素材を使っておいしい商品をつくるというこの仕事に
私は誇りを持っています。

お客様の望みを読み取り次の製品づくりに生かす。基本となるのは、地元の海産物を生かした加工品づくり。
八戸という立地の強みを生かし、
凍結能力をさらに高めて、仕入れ原料から製品まで
商品を増やしていきたいと考えています。
また、グループ他社にはないレトルト設備を生かし
製品開発につなげることも、この工場だからできること。
「こんな商品が食べたい」というお客様の望みにも
どんどん応えていきたいですね。
そのためには時代のニーズをいち早く捉え
取引先の皆様との連携をより強くしていくことが大事。
日本の、あるいは世界のマーケットの変化を逐一知り、
方向性をしっかり持った製品づくりを
していきたいと思っているんです。

「恵まれたこの地だからこそできることがあるはず。
お客様に喜んでいただきたいという想いを胸に、
これからもひたむきに製品づくりに取り組んでいきます」

◆八戸工場の取扱い製品

八戸工場 >

  • アメリカオオアカイカ
  • スルメイカ
  • ズワイガニ
  • タラバガニ
  • 秋鮭